宮原たけし(高槻・島本選出)日本共産党

赤旗日刊紙|近畿 暮らし子ども危機打開・被災者支援 
党府議団が重点要望

 日本共産党大阪府議団の宮原たけし、石川たえ両府議は、31日、「府民の暮らしと子どもをめぐる危機打開、被災者支援のための2018年度予算の補正および府民施策の拡充についての重点要望」書を松井一郎知事あてに提出しました。  要望書は、大阪の児童虐待相談件数が過去最高となっていることなどくらしと子どもをめぐる危機が深刻となっている背景に福祉後退などの10年間の維新府政の悪政があると指摘し、全22項目を要望。このうち最重点項目として▷児童虐待対策の強化▷学校へのエアコン設置促進▷大阪北部地震での住宅被害胃への支援の充実▷小中、高校、支援学校、幼稚園のブロック塀撤去への補助—など8項目を掲げ、具体的に提案しています。  石川氏は学校の特別教室と避難所にもなっている体育館へのエアコン設置、中学校給食の全員喫食は貧困対策からも重要として府の補助を重ねて要望。  対応した濱田昇司副知事は体育館への設置は厳しいとし、中学校給食の全員喫食は「市町村の判断。府が補助する考えはない」と述べました。  宮原氏は「府民のくらし、安全が目の前で脅かされていれる。カジノや、なにわ筋線などの大型開発とどちらが大事がを考える時期にきている」と強調しました。

重点要望書全篇

左から副知事、宮原たけし、石川たえ両府議