# #
#
ホームに戻る
#
がんばってます 報道記事/レポート 私の原点 事務所からお知らせ 法律相談日、マップ リンク先 お問い合せ先
#
私の原点
法律相談や生活相談
大阪府議会
日本共産党大阪府会議員団
日本共産党高槻市会議員団
日本共産党島本町会議員団
日本共産党中央委員会
 
#

# #

2012年


12月28日

ご支援に感謝します。しかし、「政治を変えてほしい」という期待にこたえられなかった事は、責任を感じています。

近畿2、全国8議席と後退しましたが、東北、沖縄などでは一歩前進しました。

今回総選挙の結果と前回参議院選

比例区 10年参院選比はいづれも得票率
高槻・島本 大阪府 全国
得票数 10年比 得票数 10年比 得票数 10年比
日本共産党 13,738 6.96% 85.1% 314,840 7.74% 83.6%

360万
6.13%

100.5%
自民党 41,682 21.18% 115.6% 852,061 20.94% 110.0%

1662万
27.62%

114.7%
公明党 20,907 10.63% 78.3% 590,344 14.50% 80.6%

711万
11.83%

90.3%
民主党 27,705 14.08% 44.1% 375,593 9.23% 32.2%

962万
16.00%

50.4%
維新の会 68,379 34.75%   1,462,093 35.92%  

1226万
20.38%

 
みんなの党 11,676 5.83% 40.6% 238,050 5.58% 58.8% 524万
8.72%
64.0%
未来の党 8,497 4.32%   172,826 4.25%   342万
5.69%
 
社民党 4,185 2.12%   51,477 1.26%   142万
2.38%
 

「景気対策と消費税増税ストップ、社会保障(介護、医療、子育て)の負担を軽く、領土紛争の解決、原発すぐゼロ」など、公約は生きています。

自民党・公明党が325議席、日本維新の会が54議席という結果は、国民の願い実現のうえで困難をもたらすことは確かです。

しかし、比率の得票率は自・公両党合わせても38%にとどまり、1000万人の人が棄権しました。有権者の過半数は、自・公政権に望みを託したわけではなく「3年間の民主党の政治の混乱に対してノーという結果」(安倍晋三氏)でした。

今回は「仕方なく、自民や維新に入れた」という人も多いと思います。

私たちは、国民の利益をどう実現できるか、いっしょに考えながら、めげずに努力します。府会議員や地方議員を先頭に、元気で明るくがんばれるよう、体力と知力アップにも頑張ります。


「大阪府・大阪市特別区設置協議会」設置議案可決

予測していたとはいえ急な選挙にこの2ヵ月忙殺されました。12月18日から27日までは、府議会.残念ながら「大阪府・大阪市特別区設置協議会」の設置が決まりました。(別紙参照
                                    宮原たけし


島本町長・町議選、参議院選挙に向けてがんばります

4月には島本の選挙、6月から7月には参議院選挙もあります。
今回の選挙の反省も生かし、みなさんの期待にこたえられる結果を出せるよう全力をつくす決意です。

10月20日、21日

地域の敬老の集いに参加しました。健康寿命と平均寿命がかなり離れていることが日本の一つの問題です。その点では、敬老パスや自然があることなどが要因で高槻の65才以上の高齢者の介護認定率は大阪平均より4.2%低くなっています。この高槻の良さを、大阪や全国に広げるために、今度の総選挙でも頑張ります。

その他に業者団体の婦人部、高槻市の緑化フェスタ、福祉団体の集い、生活相談、街頭宣伝、選挙の打ち合わせなど、忙しい土曜、日曜日でした。

10月18日

知事に質問する宮原威写真1 同じく宮原威写真2


 松井一郎知事に質問しました。
 知事は今後の夏の電力について「(大飯原発なしでも)電力は足りた」事を「十分な余裕は無かった」と言いながら認めました。しかし、原発について突然、停電になると、命に関わる」と、原発ゼロには背を向けました。

9月21日

写真1 写真2

原発をなくし、自然エネルギーを推進する大阪連絡会(原発ゼロの会・大阪)

 

9月14日

写真1 写真2
写真3

 

党大阪府議団が府民懇談会
市民団体や労働組合、地方議員ら60人が参加しました。

 

9月12日

写真1 写真2
綛山(かせやま)哲男副知事に2013年度予算編成と施策の基本報告についての要望書を手渡す。

 

9月5日

府営住宅削減計画撤回を
党大阪府議団知事に要望書を申し入れ

申し入れ写真1 申し入れ写真2

8月28日(火)

丸山選手と宮原写真 #

サッカー女子日本銀メダル、丸山選手祝賀会で












申し入れ写真1 申し入れ写真2
原発停止、自然エネルギー問題での申し入れ

 

8月27日(月)

1年ぶりに赤旗新聞の集金で。ある団地を廻りました。日ごろから頑張ってくれている党員や支持者の苦労が少しは わかります。消費税のビラの仕上げ(別紙)も終わりました。

8月26日(日)

業者のみなさんとビアパーティ。雑談の中でも景気の悪いことを思い知らされました。

8月25日(土)

1ヶ月ぶりに消費税・原発・領土問題、いじめなどについて講演しました。テーマが多いため1時間15分報告にかかりました。

8月19日(日)

三島地域の消防大会に出席など・・・

8月16日(木)

山口上関町写真1 山口上関町写真2 #

日帰りですが、山口県上関町に帰郷してきました。3年ぶりです。岩国市から柳井港までのJRの車窓からみる 瀬戸内海は、相変わらずきれいです。久しぶりに会った旧友が健康を害しているのに心が痛みました。

なお、母校の熊毛南高校には46年ぶりに訪問」しましたが、素朴なイメージがそのままで嬉しくなりました。

8月14日(火)

ある証券会社の悪徳商法の実態を知る機会が有りました。まじめな証券会社は証券マンも勿論います。しかし 裁判になっているこの会社の悪徳ぶりには本当に腹がたちます。

折角の老後の蓄えを何百万、何千万円と持って行かれた高齢者の無念さをはらす手助けができればと思います。

8月4日・5日

島本と高槻の夏祭りに参加しました。

8月3日

民主府政をすすめる会の常任幹事会での報告や堺市での生活相談、大阪の生活と健康を守る会の大阪府交渉などと大忙しの一日でした。夕方からは地元の会合も二つありました。

格差が広がっている中で、生活保護バッシングが強まっていることは残念です。特に民主党や自民党、大阪維新の会などがその先頭に立っています。

8月2日

2年4ヶ月ぶりに人間ドッグを受けました。総選挙や来年の参院選に向け、体調管理
 と体力向上の努力をしたいと思います。

8月1日

平和団体や新婦人の会のみなさんなどと、浅田均府議会議長とオスプレイの問題で懇談しました。全国都道府県議長会では、沖縄の県議長からオスプレイ導入への反対 への協力要請が出ています。しかし、本土のメディアはこれを無視し、沖縄タイムズだけ が報道しました。大阪府議会でも一方的な導入に反対する決議が上がればと思いますが、未知数です。

7月28日

阪急センター街、芥川商店街の祭りに参加しました。何人かの人からは、消費税増税への怒りと不安が出されていました。とりわけ消費税増収の一部を  大型公共事業に使うことが民、自、公3党から出されていること批判が出ていました。
 人口減少の時代に、新しい開発ではなく、今ある道路や河川公共施設、水道管 などの維持、耐震化などこそ、お金を使い、中小企業の仕事を増やす時代になって
 います。

7月24日

写真1 写真2

中小企業同友会と恒例の政策懇談会でした。大阪の製造業の出荷額は 愛知県、神奈川県、静岡県より少なくなっていますが、これらの県は6割以上が大企業です。
 大阪の出荷額の6割以上が中小企業です。小売商業も含め、大阪では 中小商工業の振興策の充実が急務です。
 大企業誘致は雇用などの経済効果が少ないのが、実際に数字に出ています。
 懇談では同友会からもその疑問が出されました。

 

民主商工会や新婦人のみなさんと、JR高槻駅南の陸橋で、消費税ストップの宣伝をしました。諦め気分も少しはありますが、 多くの人が署名をしてくれました。通りがかりの女性から、府立高校問題で懇談になりました。茨木高校など、文理で特進コースを 設けたところでは、エリート校といわれる高校での生徒間の格差が新たな問題として浮上しています。

また、社会科や理科を軽視する高校も増えているとのことです。
交通の便の悪いところに、困難な生徒が集中し、統廃合の対象になる可能性が強まるなど、私学も含め、高校問題はまた ひとつ課題が増えそうです。

7月23日

「議会と自治体」6月号表紙写真「議会と自治体」 6月号 
橋下・「維新の会」批判

府民切り捨てだけが残った橋下府政4年の真実を宮原たけし議員が実態を掲載しています。 一部抜粋

「破産会社」と脅かし、福祉・暮らしを削減

……08年2月6日、初登庁の日に橋下氏は幹部職員を集めて、「大阪府は破産会社」、「みなさんは破産会社の従業員」とのべ、そのうえで、「大阪を変えたいという意気込みのない職員は府庁をさっていただきたい」と脅かしました。このときには50社、百人のマスコミ関係者が集まっていました。その後も、一日に何回もマスコミにインタビューさせ、記者に刺激的な言葉をふりまき、メディアも大きくそれを報じるなかで、橋下「劇場」の様相がいっそう強くなっていきました。
        ……略……
 橋下氏は「大阪維新プログラム案(財政再建プログラム案)」を発表しました。案には教育・医療・くらしなど、府民生活に直結する多くの施策の削減・廃止が盛り込まれました。……小学校1、2年の35人以下学級や小学校校門に配置されている学校警備員の廃止などは撤回されたものの、くらし・福祉施策のほとんどが削減・廃止の対象となりました。
        ……略……

橋下府政3年9ヵ月の府民施策削減の内容や大型開発の呼び込み型や「財政黒字」の真実など詳しく掲載していますので一読ください。

7月22日

大阪の女性団体で、橋下維新の会のくらしと憲法改悪の方向について話し、懇談をしました。

午後は森永ヒ素ミルク患者会の大会に出席しました。たくさんの人がいまだに後遺症をかかえながらそれぞれで自立への道を、 少しでも切り開こうとする姿に胸が熱くなりました。

7月12日

八丁と天川町の橋の振動対策、道路のくぼみの改善や公園の砂が風で 飛ばないようになどの問題で大阪府茨木土木事務所や高槻市役所と現地を見て回りました。中村れい子市議も同行しました。

8月半ばまでには返事が来る予定です。

地域要求はこまめにやらなくてはなりませんが、出来ていないことが多い中で、肩の荷が少し軽くなるできごとでした。

7月11日

 

写真1 写真2
府大都市制度室への申し入れを行いました。

府民のための公共施設・事業の廃止や機能縮小をしないこと。

府民の立場での検証ぬきに松井知事、橋下市長、一部の特別顧問らが「統合本部だけで強行するやりかたは「言語道断」であると申し入れました。

写真 写真
大阪広域水道企業団への申し入れ

現在、大阪広域水道企業団の水道卸売料金は1立方㎥78円ですが、来年度から給水原価が68円になることを指摘。10円程度の値下げを提案しました。大阪市水道との統合については府民の利益を第一にし、安心、安定、安価という水道3原則にのっとり、充分時間をとって検討することを求めました。この値下げが実施されると高槻市では
2億5千万円(年)程度の値下げとなります。応対した同企業団副企業長は料金値下げについては「がんばりたい」と述べました。

7月3日

阿武山地区の後援会「つどい」(6月3日)にて「消費税増税しかないのか」
など日本共産党の提言

 

6月17日

JR南宣伝宮原たけし写真1 JR南宣伝宮原たけし写真2

JR南デッキで宣伝。消費税増税ストップと力強く訴えました。

2月23日

街頭演説写真 府議会開会日教育塔前集会

  小雨の寒い中、約500人が集まり、私が挨拶を致しました。3歳と1歳の子どもさんを連れて参加した東大阪市のお母さんの訴えが心に残りました。詳しくはホームページの宮原レポートで紹介しています。尚、教育ビラは1月25日付10万枚、3月前半号5万枚印刷しました。


2月16日

集会写真 教育署名集会

「府立高校30人学級をすすめる会」「私学助成をすすめる会」などが51万2425人分の署名を府議会に提出し、それぞれの会の代表が浅田議長とも懇談をしました。箕面学園の代表が30人学級にして生徒の発達・成長を助ける学校運営にしているとの発言が印象的でした。

2月8日

懇談会写真 府民団体との懇談会

 2012年度の予算案は発表されていませんでしたが、主なものはわかっていました。太陽光パネルへの融資制度など前進はありますが、ごく一部です。府営住宅からの将来的撤退、国保や介護の府域一本化による値上げ等が心配です。(1年〜2年先か)尚、来年度来の大阪府の貯金は約750億円の見込みです。その1/3を使うだけで子ども医療費助成拡大、国保値下げなど、梅田さんが掲げた要求は全部できます。

1月27日

意見交換写真 予算について、知事との意見交換
 10人から4人に議員が減ったため、数少ない知事との懇談会です。

  住宅用太陽光パネル設置の低利子(1%)融資制度ができましたが、府全体と1000戸(年間)と余りに少なく、せめて10倍化を要求しました。尚、高槻市は来年度245戸の予算です。

1月24日

 府会議員団の写真教育基本条例案、職員基本条例案が、今月末か2月初めに、大阪市議会と大阪府議会に出されそうだ。

 1月18日には4人の日本共産党、議員全員で、「教育基本条例」・「職員基本条例」は制定せず、子どもと府民を守り、あたたかな府民の共同と大阪の活性化に役立つ府政を求める要望書と公開質問状を、松井知事に出した。(word36KB)

 詳しい内容はホームページにのせているが、この2つの条例は、今でも不十分な子どもの教育権、小泉内閣の「三位一体改革」や橋下「改革」で縮小された住民福祉と地方自治を、いっそう後退させるものだ。

 要望と質問状は、子どもと府民の教育権や生存権などを守るための教育や地方自治体のあり方(もちろんその一部だが)を考えながらつくった。

 2月上旬に、文書で全項目について見解を示すよう求めている。

 なお、大阪はもちろん高槻・島本でも2つの条例ストップという署名がはじまっている。趣旨に賛成の方は、ぜひたくさん署名を集めていただきたい。事は日本の教育と住民の生活に関係する大問題である。

 また、ビラも作ってみた。とうてい書ききれないが、一枚の表だけのものにした。

1月9日

成人式に送るメッセージ

成人を迎えられたみなさまに、心からお喜びを申し上げます。
 私たちの若い時は、「健康に注意して、がんばれば暮らしていける」ある意味では「恵まれた時代」でした。
 今は残念ながら、がんばっても十分な生活ができない人も増えています。希望だけでなく困難も予想される道程ですが、みなさんの努力しだいでは、新しい希望ある社会は実現できます。
 私も、若いみなさんのご意見に耳を傾けつつ、がんばった者が報われる、もう一回がんばってみようと思える社会の実現に新たな覚悟で力を尽くします。
2012(平成24)年1月9日
大阪府会議員 宮原 威

 

 1月9日は成人式でした。少し早く行われた他の市町村、とりわけ被災地の手づくりの成人式をニュースで見ながら、青年の復興への思いに涙しました。毎年、少しづつでも復興支援につり組みたいと思いました。
 なお、島本町の成人式にはメッセージを送りましたが、高槻市には参加しました。それにしても新成人の人数は3100人余。20年前の45%です。
 異常な少子化解消に、高槻市政や島本町政、大阪府政、国政、それぞれで抜本的対策が必要です。
 その点で、高槻市が小学校6年生を35人以下のクラスに、中学校給食はセンター方式でない直営で実施する方向を打ち出した事は、一つの前進です。

1月8日

高槻市と島本町で、それぞれ出初式がありました。

直近の三連動(四連動)の地震は1707年(305年前)、東海地震は1854年でした。いつ大震災が起きてもおかしくありません。防災・安全の街づくり、原発ゼロに向かって、前進する一年にする決意をこめて、島本町出初式にメッセージを送りました。高槻市出初式には出席しました。


メッセージ文

 消防出初式に当り、参加者のみなさんに心からご健康とご多幸をお祈りします。
 東日本大震災と原発事故で、今も33万人もの方々が避難生活を送っています。消防関係者も多くの方が尊い生命を失われました。
 300年以上、起こっていない東海沖かた日向灘までの三連動、四連動の地震の発生が近いと心配されています。消防関係者のみなさんの役割は益々大切です。
 私も防災・安全の街づくり、自然エネルギー、低エネルギー社会の実施に全力をつくします。
2012(平成24)年1月8日 宮原威