# #
#
ホームに戻る
#
がんばってます 報道記事/レポート 私の原点 事務所からお知らせ 法律相談日、マップ リンク先 お問い合せ先
#
私の原点
法律相談や生活相談
大阪府議会
日本共産党大阪府会議員団
日本共産党高槻市会議員団
日本共産党島本町会議員団
日本共産党中央委員会

 

バックナンバー

2013年

2012年

 

#

# #

2014年

10月25日

街頭演説・タウンミーティングに400人

 秋晴れのなか、開催された街頭演説・タウンミーティングは、立ち止まった人なども含め、上記の参加でした。高槻市会議員、候補、宮原府議、たつみコータロー参議院議員が訴え、その後、行われたタウンミーティングでは、萩谷地域の方から残土処理の問題について質問がでるなど4人の方が発言、質問されました。

パネルを持つ辰巳コータロー、演説する宮原写真 演説会に集まる人々写真2
左から、辰巳コータロー、宮原たけし、宮本雄一郎、中村れい子、きよた純子、出町ゆかり写真3

 「共産党の話は、維新よりしっかりしているな」たまたま通りかかり、宮原府議の演説を聞いていた人のつぶやきです。「残土処理から地場産業を衰退させることまで、リニア建設にそんな問題があるなんて、辰巳さんの話を聞いて、初めて知った」「パネルを用意して、タウンミーティングをやるなんて共産党にしては珍しいことを良くやった」など参加された方々からは、好評でした。

10月20日

 10月25日午後3時からJR高槻駅南側陸橋にて街頭演説、タウンミーテングを行います。ぜひ、ご参加ください。10月25日(土)午後3時~、JR高槻駅南側陸橋上での街頭演説は、短時間でも、みなさんからの質問におこたえする、タウンミー ティングも行います。大阪都のこと、政務調査費、カジノ、リニア建設、くらし、原発、集団的自衛権などなど日頃、疑問に思っていること、 日本共産党の立場、主張は? など、お気軽に質問してください(時間の関係で何人かに限らせていただく場合もあります)。

 お買い物、お出かけがてら、
ぜひ、ご参加ください。





9月24日緊急申し入れ

 府庁別館6階福祉部長室 子ども医療費助成拡充を、福祉部長に申し入れしました。
申し入れ内容は下記に記載しています。

申し入れ府会議員団ほか写真 申し入れ府会議員団ほか写真

                  2014年9月24日
大阪府知事 松井 一郎 様

大阪府乳幼児医療費助成制度の拡充についての要望

               日本共産党大阪府議会議員団

大阪府は、乳幼児医療費助成制度を来年度から拡充する方針を各市町村に示した。
対象年齢を3歳未満から小学校就学前までとする拡大は評価できるが、すでに39都道府県が就学前以上の助成を実施しており、全国 にもましてきびしい子育て環境が指摘されている大阪では十分とはいえない。
しかも、所得制限を現在の収入860万円(夫婦と子ども2人の場合)から514万円(同)に引き下げ厳しくしたことで、今まで該 当年齢児の9割が対象となっていたものが6割しか対象にならなくなる。府からの補助金額確定に当たっての市町村の事務量が増える という問題も起こる。
20億円程度の「新子育て支援交付金」を新設するとしているが、子どもの問題行動の増加や学力不足などの困難が広がるなか、医療 費助成や保育充実にとどまらず、子育て・教育における市町村の課題と財政負担は増大している。
よって、下記の2点について強く要望する。

     記

1 対象年齢を当面小学校3年生まで拡大するとともに、所得制限は少なくとも現行基準とすること。

2 「新子育て支援交付金」は、医療費助成や「子ども・子育て新制度」への支援のみならず、中学校給食、就学援助など子育て・教育支援に幅広く使えるよう に、金額を2倍程度に増額し、制度の充実を図ること。

 

9月15日島本町

 福祉大会 式典やバザー、展示会場に参加しました。

会場バザーにて宮原たけし写真 会場健康診断

9月7日

街頭宣伝、災害募金活動写真1 街頭宣伝、災害募金活動写真2

 この日は、久々の晴天となりました。それにつれ、気温も上がり暑くなりましたが午後4時から約1時間、市会議員、後援会の人たちとJR高槻駅南側陸橋で宣伝をしました。広島土砂災害復興支援募金活動もおこないました。

 小学生が「少ないですけど」といい ながら募金をするなど、多くの人たちから募金が寄せられました。この日も含め、高槻・島本地域での日本共産党の募金活動で総計25,551円の募 金が寄せられています。皆さんからの募金は、広島市に届けさせていただきます。

8月30日防災訓練

開会式で整列している様子 ヘリ救護
倒木の撤去
消化器での初期消火
医療救護訓練

 高槻市地域防災総合訓練が淀川河川公園で行われました。水防工法訓練、救出救護訓練、避難物資搬送などの訓練、初期消火訓練ではバケツリレーで水を運ぶ訓練をされていて、中学生などもがんばっていました。暑い中、訓練に取り組み準備していただいたみなさん、ありがとうございました。

聴覚障害者の方と救護服?(赤色)をみせてもらっている所

 聴覚障害者団体の方から「情報を知らせてください、聴覚障害者、ご協力ください」と書かれたベストをみせていただきました。災害時に周りに「私は聴覚障がい者です」と知ってもらうためだとお聞きし、これは大事なことだと思いました。
 災害時に避難情報を得られず逃げ遅れる、避難所で情報提供がなく食料や支援物資を受け取ることができない、または、周りに手話や筆談で話す人がいなくて孤独になる。そういう孤独な状況で精神不安定になるなどの問題があります。障がいを理解してもらって、支援してもらえる人をつくっていくことが必要です。どういう形で支援をしていくか、いろいろと考えていかなくてはいけないと感じました。

8月23日島本町演説会

辰巳コータローさんを迎えて、演説会を行いました。
約60人の参加でした。色々、質問も出て良かったです。

宮原威写真1 辰巳孝太郎参院議員写真2
辰巳孝太郎参院議員写真2 左宮原、右辰巳写真4
宮原威写真5 宮原威写真6

 

8月5日

 今年の最低賃金は838円になりそうです。19円上がりましたが
物価の値上げなどから見て、せめて860円と思いましたが
世論と日本共産党の力不足でした。

申し入れ写真1 申し入れ写真2
大阪府へ最低賃金申し入れ

申し入れ写真3 申し入れ写真4

労働局・審議会へ最低賃金申し入れ

 

8月2日

島本町夏祭り写真1 その2 その3 その4
島本町の夏祭りに参加

雨模様で売上げが悪いのでかき氷を2回食べて協力しました

 

7月19日

盆踊りの写真1 盆踊りの写真2
川添まつり

盆踊り、江州音頭を踊りました。
2周、3周すると思い出して何とか踊れます

 

7月8日

申し入れ写真1 申し入れ写真2
ピースおおさかリニューアル問題で申し入れ

 

7月6日平和行進

被爆者20万人(全国)をきったとマスコミは言うけれど

隠された被爆者もたくさんいます

 被爆認定を希望されながら、認められない人が未だにいます。
 なぜ今ごろ申請を、と思われる方も多いだろう。私も、府議会員になるまでは知らなかった。「自分の子どもが出産して元気な孫と分かってから、被爆申請を考える人」、「ガンが発症して被爆との関連を確信した人」、動機は様々だが、こうした被爆者は、控え目な人が多い。
 ところが、申請を認められるには、「歳月」と「大阪府の行政」という二つの壁が、立ちはだかる。
 被爆の事実を証言する人がいるのだが、高齢化していて見つかりにくい上に、証言者の記憶にあいまいな部分が残りがちだ。私が取り組んだケースの中に、証言者は東京にいる例があった。ところが、証言者と本人の記憶が違った。といっても、遊びに行っていた親戚の家で被爆したことは一致していたのだが、「庭で遊んでいた」というのと「2階にいた」というだけの違いである。
 その違いを理由に、大阪府は申請を却下するつもりだった。私と小谷府議(当時)の再三の訴えに、やっと職員が再上京し、被爆認定がされた。
 しかし本人は、認定から1年数ヶ月で亡くなった。年賀状の返事がないので不審に思っていたら、2月になって、府内に住む息子さんから、「母は亡くなりました」「遺品を整理していると、宮原さんと小谷さんの名前がありました」とハガキが来たのである。
 ハガキが来た時、思わず涙が出た。ところが最近の大阪府は、ほぼ真実に近いケースでも認めない場合がある。背景には「被爆を過去のもの」としたい国の思惑がある。
 冒頭の見出し(タイトル)だが、「政府が渋々認めた被爆者が20万人近くも残っている」というのが、本当に付けるべき見出しである。

 高槻から吹田への原水禁禁止平和行進の様子です。集団的自衛権行容認、安倍内閣の常軌を逸した暴走に危機感を抱き、核廃絶、憲法9条を 守り、平和を守りたいと決意された300人の方々が参加されました。

 

7月1日

 安倍内閣はついに集団的自衛権行使の閣議決定をしました。
一内閣の思惑で、国民を無視し、与党の「密室協議」で「憲法解釈」を180度転換し、破壊して、「海外で戦争する国」にかえようとする。
まさに歴史的な暴挙です。

写真1
 先月末から、高槻市、島本町で連日「閣議決定するな」の宣伝をおこないました。訴えを立ち止って聞き続けた人が「あなたたちのいう通りだと思い ます」と署名をし、さらに「日本共産党のことをもっと知りたいので、一度会ってほしい」、また若い人が「戦争になったら自分たちがひどい目にあう ことになる。

写真2
 友達にもそのことを言って、もっと考えてもらうようにしたい」と言いながら署名をするなど、日を追って市民の反応が変化していること を実感しています。
 「宮原たけし」ホームページの「学習会、議会資料など」、「宮原レポート」がこの間のことがアップされています。是非、お読みになってください。

 
 日本は、「戦争か平和か」の戦後最大の歴史的岐路を迎えています。闘いはこれからです。「世界に誇る日本の宝、憲法9条を守りたい」と考える、 みなさんとの共同で安倍政権の軍国主義復活の暴走を打ち破りましょう。

6月28日

 「集団的自衛権行使容認の閣議決定をするな」-28日午後6 時から緊急に行った宣伝には10名以上が参加しました。
 「閣議決定の『限定的』はウソです」「1日の閣議決定は、ストップさせる。日本を海外で戦争す る国にさせないため、力合わせましょう」。宮原府議の訴えに、市民の方々から「今が、あんたらの頑張りどきやで」、拍手をしながら「本当 に頼みます」と声をかける人などの激励が数多く寄せられました。

駅前で街頭宣伝する宮原たけし

島本町平和行進

あいさつをする宮原たけし写真

6月21日

 安倍内閣の「集団的自衛権行使容認の閣議決定」の動きが強まるなか、JR高槻駅、富田駅、松坂屋前や阪急水無瀬駅などで「日本を海外で戦争する国 にすることには反対」の宣伝を取り組んでいます。6月21日の宣伝では、道行く人々が「戦争だけは絶対ダメ」「前の自民党の人は常識があったけど、安倍さんは本当に怖いです」などと署名に応じてくれました。

 また、島本では、たまたま 路上ライブをしていた青年が、「この『ビラ』に賛同します。 僕もしゃべっていいですか」と、自らハンドマイクを握って訴えてくれました。署名用紙を持った宣伝は今週3回取り組みました(それ以外にも朝や夜の宣伝、宣伝車の運行などもしています)。集まった署名はちょうど100筆で す。

松坂屋前宣伝写真1 写真2
写真3

 

6月7日 日本共産党演説会

 笠井亮衆議院議員を迎えての演説会(日 本共産党高槻・島本地区主催)はあいにくの天気にもかかわらず550人方々が参加されました。

 「笠井さんの話で、今の共産党の日本、世界での位置と役割がリアルに、そして大きな変化が起きていることがよくわかりました」
 「短い中で、宮原府議の果たしている役割がよくわかり、何としても議席を守るため、自分の力を発揮したい」
 「高槻市議団が市政に貢献していることがよくわかりました」
会場で寄せられた、感想の一部です。多くの参加で、いっせい地方勝利に勢いをつける演説会になりました。

左から、きよた純子市議、出町ゆかり党市福祉対策部長、宮原たけし府議、笠井亮衆議院議員、宮本雄一郎市議、中村れい子市議
宮原たけし府議 会場全体写真

 

5月26日集団的自衛権行使反対のデモ

 「憲法を守り、集団的自衛権行使反対」で一致す る超党派の高槻
市、島本町の議員13名と宮原府議、そして市民のみなさんによる集会とデモが
行われました。あいにくの天気にもかかわらず、集会とデモには 350人もの
参加でした。

市役所前での集会写真1
デモ行進の様子写真2

 安倍首相の解釈改憲による集団的自衛権行使容認の方向に多くの人が危機感を
強め、「日本を海外で戦争をする国に再びさせない」という思いが 広がってい
ることを実感させられました。

https://www.youtube.com/watch?v=GTPgz056gLI

 

5月25日

宮原たけしの写真 安倍首相の集団的自衛権行使容認に反対する署名用紙を持ってJR高槻駅での宣伝をしました。
 宮原府議の訴えを聞き、「私は戦争なんか行きたくない」と高校生が、また、高齢のご夫婦が「あの人は、戦争の悲惨を知らない坊ちゃん。あん な人が首相かと思うと、本当に恐ろしい」と署名に応じてくれました。 こ の日は、参加者が6名と少なかったですが、45分で30名の署名が集まりました。

5月18日

JR高槻高架で宣伝写真1 JR高槻高架で訴える宮原たけし写真2

JR高槻駅での宣伝です。宮原府議が示しているのは、内閣の判断による
憲法解釈の変更で集団的自衛権行使容認を狙う安倍首相を批判した
加藤紘一元自民党幹事長のインタビューを掲載した、18日付しんぶん赤旗日曜版
です。

5月16日

阪急水無瀬写真1 阪急水無瀬宣伝写真3
阪急水無瀬宣伝写真3阪急水無瀬宣伝写真4##  

 

5月11日 お知らせ

 6月7日(土)午後2時から 高槻現代劇場中ホールで演説会を行います。

笠井亮衆議院議員、宮原たけし府会議員もお話します。ぜひ、お越しください。

チラシ写真

5月8日各申し入れ

労働局へ申し入れ写真1 労働局へ申し入れ写真2
ブラック企業対策で労働局へ申し入れ

 安定した雇用確保と「ブラック企業」対策で、大阪労働局と、大阪府の両方に申し入れしました。昨年11月から取り組んできたハローワーク前のアンケートに記入してくれた125人分の切実な思いが詰まったものです。(別紙大阪府大阪労働局
 希望する年収は100万円が8.5%、100万〜200万が20.9%、200万〜300万が38.8%で68.2%になります。ワーキングプアは本当に深刻です。ただ厚労省もチラシ(下記参照)を求職者に配るなど変化もあります。

厚労省が配布しているチラシ写真

 

ブラック企業、申し入れ写真1 ブラック企業、申し入れ写真2
ブラック企業対策で知事に申し入れ

 

南海トラフ、申し入れ写真1 南海トラフ、申し入れ写真2
南海トラフ問題で知事に申し入れ

 近く来ることが確実視されている南海トラフ(東海、東南海、南海)地震について申し入れしました(別紙参照)。この問題では、大阪府が防災計画の基本をつくったところで具体化はこれからです。本格的に実行すれば、事業費は1兆円を大きくこすでしょう。カジノの夢洲への誘致(インフラだけで1兆円)など、言っている場合ではありません。

 

5月1日第85回メーデー高槻・島本

メーデー写真1、宮原たけしがあいさつ メーデー写真2、高槻市内を行進

 

4月26日

学習会写真1 学習会写真2

 「第26回党大会決定と国・府・市政問題」第2回目の学習会が行われました。
宮原たけし府議が国政・府政の問題点と日本共産党の提案、実績を中心に報告し、中村れい子高槻市会議員が高槻市政の到達点と党の果たしてきた役割 を報告しました。参加された方からは「宮原さんの報告は、レジメに書かれていること以外にもおよび、興味深かったし、よくわかった」などの感想が 寄せられました。

4月20日

写真、銭太鼓 写真、左、宮原たけし
レンゲまつりに参加、左、銭太鼓

「高槻市三島江のレンゲ祭りです。 レンゲを30年以上植えた成果で
三島江の1ヘクタール当たりの米の収穫量は増えています。
大阪府内43市町村で米の収穫量が増えているのは高槻市と能勢町のみ
です。
尚、銭太鼓の曲の一つは私の好きな「青い山脈」でした。

4月5日

高槻市医師会看護専門学校竣工式、祝宴に出席しました。
看護学校の開始は1971年。市が応急診療所(医師が交替で)を開いたのも同じ時期です。

宮原たけし写真 竣工式テープカットの写真

 

4月1日

写真1 写真2
1日から消費税が8%になりました。
消費税増税に抗議をし、みなさんの声で増税を停止させようと1日の午後JR高槻駅南側陸橋で宣伝をしました。「増税ストップで本当に頑張っている のは共産党だけやね。頑張って」の激励、宮原府議の訴えをじぃと聞いて最後に宮原府議と握手をして帰って行った人、「近所で集めるから」と署名用 紙を何枚か持って帰る人がいました。

 

3月28日 ストップ消費税増税

街頭宣伝写真1 写真2
写真3  

午後2時からJR高槻駅松坂屋側の陸橋で行ったストップ消費税増税宣伝。
 署名は、1時間で52筆、飛び入りでビラまきを協力してくれた方やカンパをしていただいた方もいました。
29日(土)午後2時〜高槻松坂屋前、30日(日)午後2時〜JR高槻駅北側(アルプラザ、西武側)陸橋上。
3月31日、4月1日もJR高槻駅、松坂屋前周辺で宣伝を予定しています。

 

3月15日

 高槻島本地区委員会主催の学習会で。
日本共産党の前進を本格的なものにできるか、どうか。「大阪府政と日本共産党の役わり」について久しぶりにまとめて話しました。
これからは感想を書くアンケート用紙を渡すなど工夫が必要です。

講演の様子宮原たけし

 

3月11日 3・11震災復興

 JR高槻駅南側陸橋での日本共産党の「3・11震災復興」の街頭活動をしました。
募金は一時間足らずで 20714円集まりました。

3・11震災復興写真1 3・11震災復興写真2
3・11震災復興写真3 3・11震災復興写真4

 

3月9日 さよなら原発 高槻行動

写真1
写真2 写真3

 

2月27日

1分短縮に280億円~500億円かかる

なにわ筋線は必要ありません

-関西空港2期事業も結局、不必要でした-


               2月27日 府会議員 宮原たけし

 橋下市長や維新の会は、大阪府、市議会で地下鉄なにわ筋線の建設に、いよいよのりだそうとしています。来年度400万円の調査検討費を組みましたが、事業費は2500億円とされています。しかし、これをつくる事によって関西空港に行くのに短縮される時間は、JRなら5分、南海なら9分です。

なにわ筋線の建設図(案)

 もともと、私たちが必要ないと言ってきた関空2期事業。大阪府は、2007(平成19)年には、飛行機の発着回数が17万8千回になり、2本の滑走路が必要になると言ってきました。しかし、昨年も13万1900回余りで、約9000億もかかった2期事業が必要なかったことが明らかになっています。

 大阪府が0才から2才までしか出していない通院医療費助成。就学前まで出しても年間20億円余り、この100年分がなにわ筋線です。
 大阪府が就学前まで助成すれば、高槻市では18才までの医療費が1回500円にすることが可能です。

  

2月19日各申し入れ

申し入れ写真01 多くの市や町が中学校給食を食べている
生徒は6%〜9%です。
高槻市では全員が対象です。
申し入れ写真02 申し入れ写真03
中学校給食問題での申し入れ(府庁内)
申し入れ写真04 申入れ写真05
福祉団体等への補助復元での申し入れ(府庁内)

 

2月18日茨木ハローワーク前

府内各地で取り組み、すでに100人近い人からアンケートをいただいています。

写真1 写真2
茨木ハローワーク前で雇用アンケートに取り組む

2月14日教育署名提出集会

集会写真1 集会写真2
ドーンセンターにて

2月7日府民団体との懇談会(府庁舎内)

府民約70人の団体の代表が参加。

懇談会の写真

 

2月6日どうなった「関西の宝石箱」=咲洲

WTCビル買収で125億円ものムダ使い
―ビルはガラガラ、企業進出はゼロ―

 橋下知事就任半年後の2008年8月22日「大阪再生の光が見えた」と、大阪府庁の全面移転の方針を表明し、自民・公明・民主の賛否が分かれて、買収したWTCビル。
 橋下さんは『(咲洲は)関西の宝石箱』と言いましたが、企業進出はゼロ。東日本大震災では震度3でもビルは約10分間ゆれ、360ヵ所が損傷。改修費も含め、125億円以上がムダ使い。

ビル購入額 約85億円
庁舎改修費 約9億円
長用期地震改修費 約28億円
引っ越し代 約3億円
125億円
テレビ電話57代取り付けたが、地下鉄移動で本庁との連絡が直接必要なのが8割。他に通勤代約1億円増。

2月5日府に申し入れ

ノロウイルスによる感染性胃腸炎等の
対策強化を求める申し入れ

   
ピースおおさか展示リニューアル『実施設計』中間報告(案)の見直しを求める申し入れ

それぞれ、府庁内で松井知事に申し入れを行いました。


ノロウイルスの申し入れ全文はこちらから

ピースおおさか問題の全文はこちらから

1月29日

 「府営住宅を新しく建設して府民の要求にこたえるよう、要望」(住宅まちづくり部長に)

写真1 写真2

 「尚、大阪府は耐震建て替えをしながら、府営住宅を減らすことを進めています。それに伴ってかなりの空き地がでます。その土地を民間に売却せずに府営住宅建設をすれば数千戸の住宅建設は可能です」

1月26日 島本町議会報告会

写真1 写真2

私の話が長くなり1問1答が十分できませんでした。

1月25日

 日本共産党高槻・島本労働者後援会の「これからの日本はどうなるのか」を語るつどいにて。

清水ただしさんが国政問題を話しましたので、
私はくらしと大阪府政のこと
を少し話しました。
写真

1月20日

写真

1月20日に高槻市商業団体連合会の新年互礼会で私が5人の府会議員を代表してあいさつをし、来賓のみなさんと鏡開きをおこなった。
あいさつでは「賃上げで景気回復を」と訴え、多くの共感が寄せられました。

 

1月8日 河川の安全対策の現地調査

 大阪府に、河川の安全対策の申し入れを行いました。

 「視察したのは桧尾川と水無瀬川です。局地的豪雨対策、広い地域(淀川、大和川など)での豪雨対策、地域での内水対策、がけ崩れや山崩れなど、私が取り組む課題は増えています。(詳しくは党大阪府議団のHPビデオアーカイブの11月21日の決算委員会の質問、あるいは私のHPの宮原レポート1月26日号を参照)

現地調査写真1 現地調査写真2
現地調査写真3 現地調査写真4

 

1月1日

 希望と危機の交差の年
 全力をつくします。

2014年元旦  大阪府会議員 宮原たけし

 新年おめでとうございます。

昨年は、全国、比例5議席で小池さんや仁比さん、大阪では辰巳さんの当選を実現し、国会で日本共産党が〝ひかる〟ようになってきました。

堺市長選での勝利など、大阪でも貴重な前進もありました。特に、泉北高速鉄道や北大阪トラックターミナルを含む大阪都市開発-OTK株の外国ファンドへの売却ストップは、維新の会の本丸、大阪府議会で、維新の会が過半数割れをするという快挙でした。

秘密保護法制定や共謀法の計画など、安倍政権にストップをかけなくてはなりません。
 消費税増税、年収(税込み)199万円以下が3人に1人、老夫婦の1日の食事代500円など、くらしの改善も待ったなしです。

安倍政権や維新の会の、戦争とくらし破壊への暴走を許さず、希望ある日本に、私も日本共産党も実力をつけたいと思います。

みなさんのおだやかなくらしと幸せを、心より願って、頑張ります。